イオン銀行だけ!借り換えるときの諸経費をクレジットカードで支払えます【実際の書類公開】

住宅ローン借り換え

イオン銀行では2017年1月から住宅ローン借り換え諸経費(手数料)の一部をクレジットカードで支払うことができます。

イオン銀行で住宅ローンを借り換えたときの諸経費(手数料)ってなにが必要?

住宅ローンを借り換えるときには必ず手数料が必要になります。

諸経費がいくらくらいかかるのかイオン銀行のシミュレーターで確かめてみましょう。

イオン銀行の場合は下記の手数料が必要です。

  • ローン取扱手数料
  • 保証料 ← 無料
  • 団体信用生命保険料 ← 無料
  • 印紙代
  • 登録免許税
  • 火災保険
  • 司法書士への報酬

保証料、団体信用生命保険は無料

イオン銀行の場合、保証料、団体信用生命保険は不要です。

保証料はそもそもいらないですし、団体信用生命保険は保険会社に支払う保険料をイオン銀行が負担しています。

ローン取扱手数料

ローン取扱手数料に関しては下記の記事に詳しく書きました。

イオン銀行の住宅ローン取扱手数料は2種類。定額型と定率型どちらを選べばいいのか?
イオン銀行の住宅ローン取扱手数料には「定額型」と「定率型」の2種類があります。イオン銀行の住宅ローン取扱手数料は「定額型」がオススメイオン銀行の住宅ローン取扱手数料には2種類あります。「定額型」と「定率型」です。 定額型と...

印紙代

印紙、というのは収入印紙のことです。

不動産を売ったり買ったりする場合には必ず収入印紙が必要となります。

登録免許税

不動産を登記するのに税金がかかります。

火災保険

住宅ローンを借りるときに、火災保険に加入することが条件となっています。

ただし、住宅ローンの借り換えの場合はいままで加入していた保険をそのまま入り続けて問題ありません。

司法書士への報酬

借換の場合には不動産の登記を移す必要があります。

不動産の登記移行は司法書士に行ってもらうので司法書士に報酬を支払いをします。

詳しくは下記の記事に書いています。

住宅ローンの借り換えはこの4ステップ!各ステップを詳しく解説
住宅ローン借り換えの手順は4ステップあります。実際にイオン銀行で住宅ローンの借り換えをしたわたしが、それぞれのステップについて解説します。住宅ローン借り換え4つのステップ住宅ローンを借り換えのためには、新たに住宅ローンを借りよう...

諸経費のうち、なにがクレジットカードで支払いができるのか

これらすべてがクレジットカードで支払えるわけではありません。

クレジットカードで支払うことができるのは下記の2つです。

  • 登録免許税
  • 司法書士への報酬

イオン銀行では、下記の各銀行店舗で、住宅ローンの手続きにあたりまして、登録免許税や司法書士手数料をクレジットカードでスムーズ
にお支払いいただけます。

引用-イオン銀行プレスリリースより

また、使用できるクレジットカードはイオンカードセレクトのみになります。

イオンカードセレクトは発行手数料も年会費もいりません。

クレジットカード支払いをする場合にはまず、イオンカードセレクトを作っておきましょう。

実際に支払った費用を公開します

わたしが住宅ローンを借り換えたときの実際に支払った登録免許税、司法書士への報酬額は178,050円でした。

これが登録免許税、司法書士への報酬を振り込んだときの振込依頼書です。

銀行振込ですので、振込手数料も648円かかっています。

これがそのときの見積書です。

料金の内訳がわかります。

区分種別報酬額登録免許税印紙代
総合計額178,050
手続きの代理・書類の作成等抵当権設定41,00080,0000
抹消登記11,0002,0000
抹消登記11,0002,0000
立会手数料10,00000
登記簿謄本 2通2,00001,200
旅費・日当日当10,000
その他費用閲覧1,050
合計報酬額+登録免許税+印紙代171,250
消費税手続きの代理・書類の作成等、旅費・日当の報酬額のみかかる6,800

わたしの場合は178,050円もクレジットカードで払えたということですね。

個人差はありますが、住宅ローンを借り換える人はだいたいこれくらいの金額を払う人が多いのではないでしょうか。

クレジットカードで支払うとなにがいいのか

jarmoluk / Pixabay

登録免許税、司法書士への報酬をクレジットカードで支払うとなにがうれしいのでしょうか?

それは下記の3つです。

  1. ポイント(ときめきポイント)がつく
  2. 振込手数料がいらない
  3. 支払いを最大2ヶ月先送りにできる

ポイント(ときめきポイント)がつく

イオンカードセレクトにはときめきポイントとよばれるポイント制度があります。

200円ごとに1ポイントがつき、1ポイント=1円として使うことができます。

178,050円を200円で割ると890ポイントがもらえたことになります。

振込手数料がいらない

登録免許税、司法書士への報酬はいままでは司法書士事務所へ銀行振り込みしていました。

クレジットカードで支払うことで、この振込手数料は不要になります。

わたしの場合は648円かかっていました。

支払いを最大2ヶ月近く先送りにできる

イオンカードセレクトは毎月10日締め、翌月2日引落しになります。

ということは1月11日にクレジットカードで支払いを行うと、2月10日締め、3月2日引落しになりますので、2ヶ月ほど支払いを先送りにできます。

まとめ:諸経費をクレジットカードで支払えるとちょっぴりオトク!

nattanan23 / Pixabay

住宅ローンの諸経費をクレジットカード決済できるというのはおそらくイオン銀行が初めてです。

金額が高額なのでポイントも貯まりますし、ポイント分は実質割引になるのと同じです。

こういった先進的なサービスはどんどんやっていってほしいですね。

イオンカードセレクトは入会手数料も年会費もいらないので作っておいて損はしません。

注意事項としてクレジットカード支払いができる店舗が限られています。

いずれ全国に広がっていくと思いますが、現在は19店舗のみになっています。

1東京エリア品川シーサイド店
2イオンモール日の出店
3イオン南砂店
4イオン葛西店
5イオンモールむさし村山店
6イオン東雲ショッピングセンター店
7イオン板橋店
8神田店
9新宿店
10イオンモール東久留米店
11イオンモール多摩平の森店
12神奈川エリアイオンモール大和店
13イオンモール相模原店
14イオン秦野店
15イオン茅ヶ崎中央店
16イオン新百合ヶ丘店
17イオン横須賀久里浜ショッピングセンター店
18横浜店
19イオンスタイル東戸塚店
タカシ
タカシ

クレジットカード支払いできるなんて、すごいことやなぁ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました