2017年9月版 イオン銀行住宅ローン金利は変わらず変動金利0.57%。1万円もらえるキャンペーンやってるよ!(10月9日まで)

住宅ローン借り換え

2017年9月のイオン銀行住宅ローン金利が発表になりました。
引き続き非常に低い金利が続いています。

2017年9月 イオン銀行住宅ローンの金利

2017年9月現在のイオン銀行住宅ローンの金利は下記のとおりです(2017年10月現在も同じ)。

金利の種類固定期間金利
変動金利0.57%
固定期間選択型(当初固定金利)3年0.38%
5年0.50%
10年0.69%

この金利だとどのくらいの返済額になるのか、シミュレーションしてみました。

  • 借入金額:3,500万円
  • ボーナス返済分:なし
  • 変動金利:0.57% 10年固定金利:0.69%
  • 返済方法:元金均等返済
  • 返済期間:35年
  • 変動金利は完済まで変わらないと仮定

返済方法についてはこちらの記事に詳しく書いています。

元金均等返済は元利均等返済より得なのか?返済方法について考えてみた
住宅ローンの返済方法には2つの方法があります。 この2つの方法、名前は似ていますが返済方法やその特徴がまったく違います。 それぞれの方法について解説します。 元利均等返済と元金均等返済 住...

シミュレーション結果は下記のとおりです。

この条件で変動金利と10年固定金利を比べると106万円ほどの差額になります。

10年固定金利の11年目以降はどうなる?

10年固定金利の場合、なにもしなければ11年目以降は変動金利になります。

イオン銀行の場合は、10年固定金利の場合、11年目以降返済完了まで店頭表示利率から年1.60%を差し引きとなります。
現在の店頭表示利率は変動金利の場合で、2.37%ですので、そこから1.6%を差し引いた0.77%で計算しています。

店頭表示利率とはなにかはこちらの記事を見てください。

こんな住宅ローンは必ず後悔する!組んではいけない2つの住宅ローン
住宅ローンを借り換えするときに考えるのが「どのような住宅ローンにするか?」ということでしょう。 わたしの場合は、借り換え前は全期間固定金利+変動金利で住宅ローンを組んでいましたが、借り換え後は変動金利のみにしました。 これが正解かど...

変動金利と10年固定金利の返済額の差をどう考えるべきなのか?

いま、変動金利と10年固定金利の差は0.12%です。
これが金額ではどのくらいの差になるのかというと、上記のシミュレーションでも書いたように3,500万円を35年返済すると106万円の差になります。

変動金利を選ぶか、固定金利を選ぶかはまずシミュレーションをしてみて、その差額が「金利が変わらない保険のためのお金」だと思える人は固定金利、少しでも返す金額を少なくしたい人は変動金利を選ぶのが正解でしょう。

これまでのイオン銀行住宅ローンの金利

日本銀行がマイナス金利政策を始めた2016年2月からのイオン銀行住宅ローンの金利です。

年月当初10年固定金利変動金利
2016/021.10.57
2016/031.10.57
2016/041.10.57
2016/050.790.57
2016/060.790.57
2016/070.790.57
2016/080.790.57
2016/090.790.57
2016/100.790.57
2016/110.790.57
2016/120.690.57
2017/010.690.57
2017/020.690.57
2017/030.690.57
2017/040.690.57
2017/050.690.57
2017/060.690.57
2017/070.690.57
2017/080.690.57
2017/090.690.57

住宅ローン借り換えると10,000円もらえてしまう

イオン銀行の住宅ローン借り換えのページを見るとわかりますが、2017年10月9日(月)までに事前審査を申し込みをして、借り換えをすると10,000円もらえてしまいます。

正確にはイオンの電子マネーWAON(ワオン)ポイントを10,000ポイントもらえます。
1WAONポイントは1円として使えますので、10,000円もらえるのと同じことですね。

いまは住宅ローンの金利は史上最低といえるほど低いです。
キャンペーンもやっているいま、借り換えを考えている人はこの機会にイオン銀行で借り換えをしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました